放課後等デイサービス

放課後等デイサービス子供放課後等デイサービスとは、障害のある子供の放課後や長い休みの間の支援のために創設された厚生労働省障害部局としてはじめての放課後活動支援の事業です。現在、放課後等デイサービスの事業所とその利用者数はニーズの高まりに呼応して爆発的に増えています。放課後等デイサービスの民間施設は,横浜市の保土ヶ谷にある放課後等デイサービスの学習支援型カルチャーズデイサービスがおすすめです。現在、指定基準の緩和により事業参入がされて、障害のある子供の放課後等の支援に向けた体制整備が進展した結果ですが、サービスの質の低下も危惧されています。放課後等デイサービスは、児童福祉法に位置づけられていて障碍者基本法第17条に規定される「療育」および児童福祉法第1条に規定する「育成」を具現化している事業です。